feed

【節税】が本当に会社のためになるのか?

トップページ » 【節税】が本当に会社のためになるのか?

2018年8月8日

所長の河村です。
いつもありがとうございます。

気がつけばもう8月ですが、この「新着記事」は今年初めての投稿です。
サボってまして、ごめんなさい。
これからも気になることを書いていきますので、よろしくお願いします。

さっそくですが、本日うちのお客様(法人さん)から
「何かいい節税方法はありませんか?」
と、ご質問を頂きました。
今月末決算であまり時間がないということもあり、物品の購入や保険の加入などありきたりの事しか浮かびませんでした。
そんな中で、社長様は私のこの言葉にうなずいてくれました。

不必要なものを買うより、まともに税金を払う方が会社にお金が残りますよ。」

確かに私が提案したことを実行すれば、税金は安くなるかもしれません。
しかし、当然会社にはお金が残りません。
なぜなら、物品の購入や保険の加入など節税対策と呼ばれるものは、その大半が【お金の支払いを伴うもの】だからです。

まともに税金を払っても、出て行くお金は3割から4割。
つまり、半分以上は会社に残るのです
これが、会社の体力を最も強くする秘訣なのです。

もちろん、最低限の節税は必要だと思います。
しかしながら、やり過ぎは良くないのです。
「過ぎたるは及ばざるがごとし」
です。

このお客様も、
「今期はまともに税金を払おう。余ったお金は借入金の返済や不良資産の処理に使おう。」
と、話していらっしゃいました。

私は、節税対策のアドバイスはさせていただきます。
しかし、過度な節税が不向きな会社や行き過ぎた相続税対策を考えていらっしゃる方には、ブレーキもしっかりと踏ませていただきます。
今後とも、よろしくお願いします。


Comments (0)

コメント&トラックバック

トラックバックURL

対応可能エリアについて

所在地 山口県光市中央5丁目3-25
TEL 0833-72-5350
お問い合わせ受付時間:9時~17時(月〜土/土曜は午前のみ)
Copyright(C)2018 河村裕司税理士事務所 All Rights Reserved.