feed

スタッフブログ

Home » スタッフブログ

たくさんのご応募ありがとうございました

2015年02月07日

所長の河村です。
いつもありがとうございます。

2月も1週間が過ぎました。
ということは、2月も4分の1が終わったということです。
早いですね。

当事務所では、先月末に23年間在籍していた従業員が退職しました。
彼女には、私の父の代からお世話になり、本当に感謝しています。
これから確定申告の作業に入りますが、新しく加わったメンバーと一緒に
がんばっていきたいと思います。

遅くなりましたが、昨年職員の募集を行った際には多くの申込みを
いただきありがとうございました。
近い将来、具体的には今年の4月以降に、更に職員の人数を増やす事も
考えてます。
今後も求人を行う際には、この『新着記事』に掲載いたしますので
お見逃しなく。


相続税の申告では、会社への貸付金は元金で評価

2014年05月06日

所長の河村です。
いつもありがとうございます。

今日でゴールデンウイークも終わりです。
ほんと、あっという間でしたね。
今年は晴れの日が多くて、暑くもなく寒くもなく過ごしやすかったです。
今が1年の中で一番いい時期ですね。

当事務所はGWが終わったら、3月決算の本番に突入です。
風邪を早く治して、これから3週間全力でがんばりたいと思います。

あと、現在手掛けている相続税でこのような事がありました。
その被相続人は生前会社を経営していたのですが、
その会社に運転資金を貸し付けて亡くなりました。
相続税の申告において、この貸付金をいくらで評価すべきか色々と検討しましたが、
その会社が営業を継続している限り、会社の財務内容にかかわらず
元金で評価しなければならない
という結論に達しました。
ケースによっては、会社の現預金より被相続人からの借入金の方が何倍も多い
こともあるでしょう。
その場合でも、原則として『元金』で評価して、相続税の計算をしなければ
ならないのです。
残された相続人としては、納得がいかないかもしれませんが、
「客観的に明白な事由なしに貸付金債権等を個別に評価することは、
納税者の恣意的な評価を許すことになりかねない。」
という国税不服審判所の裁決も出ていることから、
元金以外の金額で評価することはかなり難しい
と言えるでしょう。
となれば
生前にその「元金」をどの程度圧縮できるか
がポイントとなります。
圧縮の方法は色々ありますが、無理することなく時間をかけて
行っていきたいものです。

 

 

 


春は桜と税務調査のシーズン

2014年03月30日

所長の河村です。
いつもありがとうございます。

忙しかった確定申告も終わり、残すところ3月もあと1日。
外は桜の花が満開です。ようやく春が来ました。

私の中では、昨年から依頼を受けている相続税に取り掛かりたい、と考えてます。
「相続税の申告に必要な資料」も一覧表にしてお願いしていましたので、
確定申告の間にほとんど揃えていただきました。ありがとうございます。

ですが・・・
実は、春って税務調査のシーズンなんですよ。
最盛期は8月から11月にかけての秋なんですが、春の4月から6月も
それなりに多いです。
私も先週から始まった税務調査に立ち会ってます。
おそらく来週が山になりそうです。

早く税務調査を終わらせて、相続税に本腰を入れたいです。
税務調査がんばります。

追伸
昨年予告しました「職員募集」の件ですが、こちらの方も出来るだけ早く
準備して募集をかけたいと考えてます。
少し勉強すれば「即戦力」になってくれそうな人を希望します。
「パート」ではなく「正社員」です。
詳細が決まりましたら、また新着記事に掲載します。
今のところ、法人の3月決算が終わる6月以降になりそうです。
こちらの方もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 


相続税の対策は『時間をかけて少しずつ』

2013年11月03日

所長の河村です。
いつもありがとうございます。

ようやく今抱えている相続税の案件が、一段落しました。
すべての財産評価が終わり、昨日相続人の代表の方に細かい税額まで説明しました。

今まで数多くの相続税の申告をしてきましたが、今回の案件は特に印象深いものでした。
なぜなら、初めてご相談いただいたのが、被相続人(相続人のお母さま)が亡くなる数日前のことだったからです。

「母が余命いくばくもなく、2週間ぐらいしか時間がありません。
昨日、初めて持っている財産の話しをしたら 〇億円あると聞いてびっくりしました。
相続税の事が心配で、夜眠れませんでした。先生、何かいい方法はありませんでしょうか?」

相続税の対策は『時間をかけて少しずつ』が理想だけど、あと2週間で 〇億円どうにかして欲しいと言われても・・・。
これが私がこの話を聞いた、最初の正直な気持ちでした。

午前中にお電話をいただいて、夕方に会うまでに何通りか対策を考えました。
そして実際にお会いして、考えていた対策の1つを実行しました。
結果として、〇百万円相続税を圧縮することが出来たのです。
ほんとに『滑り込みセーフ』って感じです。

相続人代表の方は今でもそのことを大変喜ばれており、私もお役に立ててホッとしています。
ただしもっと早くご相談いただいていたら、もっといい対策を時間をかけて行うことができたと思います。

相続税の対策は、『時間との戦い』です。
早くから始めるに越したことはありません。
27年からは基礎控除が縮小されるため、相続税の納税者が2倍近くに増えることが予想されています。
直前になって慌てないよう、何らかの対策を考えておきたいものです。

 

 

 

 

 


大学時代の友人と久々に再会

2013年10月07日

所長の河村です。

いつもありがとうございます。

先週末、相続税のセミナーを受講しに東京へ行ってきました。

その前日、大学時代の友人と数年ぶりに会って食事をしました。

税理士をしている人間もいるので、相続税について色々と情報交換をしてきました。

それで感じたことは

『相続税は僅かな判断の違いで、結論が大きく異なる』

ということです。

ここが相続税のおもしろい部分でもあり、同時に怖い部分でもあります。

これから友人にセミナーで聴いてきた事を報告しようと思ってますが、多分びっくりすると

思います。

〔追伸〕

食事の帰りにみんなで撮った写真です。

稲田屋の店員さんに撮ってもらいました。

Picture100513_220414

 


税務調査は必ず〇〇すること

2013年09月04日

所長の河村です。
いつもありがとうございます。

昨日、税務調査対策のセミナーに行ってきました。
講師は東京の税理士法人の先生で、30人程の税理士と話を聴きました。

その中で一番印象に残ったのが、「税務調査は必ず〇〇して下さい」と言われたこと

私もその話しは聞いてましたので、実は昨年の税務調査で試しにやってみました。
ただ、本格的なものではなかったため、税務署に証拠として提出することができず、
大変悔しい思いをしました。

次回の税務調査では、きちんと準備して〇〇しようと思いました。
あまり大きな声では言えませんが・・・。
もちろん、税務調査が無いのが一番いいですけどね(笑)。

 


スタッフブログ日記

2013年08月06日

河村裕司税理士事務所のスタッフブログを設置いたしました。

このページで日々の仕事のことや思ったことなどを気ままにお伝えします。

どうぞ、末永くよろしくお願いいたします。


対応可能エリアについて

所在地 山口県光市中央5丁目3-25
TEL 0833-72-5350
お問い合わせ受付時間:9時~17時(月〜土/土曜は午前のみ)
Copyright(C)2018 河村裕司税理士事務所 All Rights Reserved.